2011年05月13日

ビン・ラーディンが『殺された』のはなんで?①~911、アフガン紛争とはどんな戦争だったのか~

%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg
こちらよりお借りしました 
 
去る5月2日、2001年9月11日にアメリカで起きた「アメリカ同時多発テロ」、いわゆる『911』の首謀者とされるウサーマ・ビン・ラーディンをパキスタンの隠れ家にて殺害に成功したというニュースが流れた。
ビン・ラーディン強襲作戦の成功についてアメリカでは共和党も民主党も関わらず誰もが「対テロ戦争の勝利だ」と喜んだという。
しかし、実際のビン・ラーディン殺害に関するアメリカの発表は当初の発表から二転三転しているし、拘束せずすぐに殺害、殺害後DNA鑑定せず(したとは言っているが)すぐさま水葬、等いたるところで疑問点・矛盾点が見られた。
参照:リンク
今回のビン・ラーディン殺害がアメリカの発表通りではなく何かしら隠された意図があるとしたら、それは一体何なのだろうか。
 
●ビン・ラーディンはいつ殺されたのか?
今回殺されたということも含めて考えられる可能性は3つ。
 
①報道の通り、今回の作戦で殺された
②既に殺されて(or死んで)いたが、生きていたことされて、改めて今回死んだことにされた
③今も生きているが、死んだことにされた
※もし②であるならば、現在有力な説は2001年に死んでいたとする説か。
参照:リンク
 
これらを紐解いていくには、ビン・ラーディンが死んだことによって、今後世界(及びアメリカ)はどうなるか?を考えていく必要がある。
そこで、これらを考えるために改めて911とはどんな事件だったのか、振り返ってみよう。
 
続きへ行く前に応援クリック宜しくお願いします
 

にほんブログ村 政治ブログへ


911%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg
こちらよりお借りしました
 
●911とはどんな事件だったのか?
イスラム原理主義ウサーマ・ビン・ラーディン指導による国際テロ組織アルカイーダが起こした、飛行機4機をハイジャックして使用したテロで、2機がワールドトレードセンター(WTC)の北・南棟、1機が国防総庁ペンタゴンに衝突。1機は墜落。これによってWTCは崩壊した。死者数約3,000人、行方不明者数約6,300人。
 

●ビン・ラーディンとは何者か?
ウサーマの父は、サウジアラビアの建設業関係の財閥「サウジ・ビン・ラーディン・グループ」を作り上げた。このグループは建設、石油、化学、通信に従事しており、ビン・ラーディン家はサウジでも有数の大富豪だと言われる。ウサーマは、次男。
ビジネス面ではアメリカとの結びつき、特にブッシュ家との結びつきが強い。ウサーマの父はパパ・ブッシュと共にカーライル投資グループの大口投資家であり役員だった。また、ウサーマの兄のサーレムは子・ブッシュがかつて経営していた石油会社の共同経営者である。
 
●911の真相は?
このウサーマが起こしたとされる911同時多発テロ(WTC崩壊及びペンタゴン破壊)は、現場に居合わせた人間の証言や様々な物証、及び米政府の取った有り得ない行動から「アメリカによる自作自演説」の疑いが根強い。
参照:リンク
 
「911」がアメリカによる自作自演であったとすると、ウサーマは犯人にでっち上げられた(orアメリカと共謀して犯人役をかってでた)ことになる。
では、そこまでして911を演出する必要がどこにあったのだろうか?『ビンラディン死亡の真相1 ビンラディンとは何者か?』より

これらを見ていくために、改めて911を含む90年代・00年代のアメリカと中東との関係から追っていく。
 

 

アフガン紛争を振り返る
●‘90年代
第一次湾岸戦争で息を吹き返したアメリカ(米戦争屋=D.ロックフェラー)は大きく勢力を伸ばし、圧倒的な軍事力を背景に、他国への介入・要求を強めていく。日本への年次改革要望書もこの頃(’93)から。
しかし、ヨーロッパ勢(金融屋=ロスチャイルド)も大きく巻き返しを図る。’94にはEU誕生、’99には欧州統一通貨ユーロ誕生。
 
軍産複合体≒米戦争屋=D.ロックフェラーの繁栄のウラで、米政府は財政赤字危機に瀕していた。財政赤字が拡大すれば、米国債を大量に発行する必要がある。強いドル政策を掲げ、諸外国に米国債=ドルを引き受けさせてきたアメリカは、米国債暴落危機=ドル暴落危機が高まりつつあった。
 
このような状況でのユーロ誕生であったから、アメリカは強い危機感を持つことになる。基軸通貨となり得る可能性を持った通貨が登場したからだ。ドルの頼みの綱は、「石油はドルでしか買えない」という、石油決済通貨としての地位のみであった。
2000年にイラクのフセインが「原油の決済通貨をドルからユーロに替える」と宣言し、同年11月には実行に移す。これを放っておけば、(元々ドル安圧力が強く働いているのだから)周辺各国もそれに倣う可能性が高い。アメリカはこれらを全力で潰す必要に迫られていた。
 
●911→アフガン紛争
 
2001年9月11日の同時多発テロ(911)は、アメリカの一部の勢力(米戦争屋=D.ロックフェラー)が中心となって仕掛けられた(可能性が非常に高い)。
 
911の翌日には、米政府はアフガニスタンのタリバーン政権との関係を示唆し、ウサーマ・ビン・ラーディンを容疑者と断定する。そして、アフガニスタンのタリバーン政権が要求していた証拠を提示しないまま、アメリカはアフガニスタンに侵攻する。
 
この地域がアメリカ、特に米戦争屋=D.ロックフェラーにとって重要なのは、麻薬の一大産地だからである。麻薬はアメリカCIA(米戦争屋)にとっては、最も重要な資金源である。
’96からアフガニスタンを実効支配していたタリバーン政権は、’01麻薬の栽培を全面禁止。そのため、CIAの資金源が大幅に枯渇していく。
アメリカによる侵攻によって、タリバン政権が崩壊すると、麻薬の生産量は過去の水準に一気に回復、世界シェアの9割を占めると言われる。
参照:リンク
 
しかもアフガニスタンは、イランなどの中東とロシア~ヨーロッパをパイプラインで繋ぐ際には重要な拠点となる。
 
世界で最も多額な取は、1位石油・2位武器・3位麻薬リンク)である。その二つを同時に押さえられる拠点を、アフガン紛争によってアメリカは一気に握ったことになる。
 
『ビンラディン死亡の真相3 アフガン紛争を振り返るより』

☆次回は、第一次湾岸戦争~イラク戦争、そしていよいよビン・ラーディンの生死と今後のアメリカの世界戦略についてです。
(続く)

List    投稿者 tibatosi | 2011-05-13 | Posted in 未分類 | 5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/05/1974.html/trackback


コメント5件

 国民の生活が第一は人づくりにあり | 2012.03.18 12:02

教育の質重視は国民経済重視の首脳級人材を育て・松下政経塾出身首相は国民の生活破壊政策ごり押し

 昨日よりマスコミを賑わしている消費増税と民主党内外の動きおよび副総理の大連立呼びかけ関連ニュースは、勝手に引用する関連するブログにお任せし、教育の重要性…

 通りがけ | 2012.03.20 7:53

「死の商人ユダ金の目的は常に戦争を起こし戦場を作り出すこと。」
北朝鮮が沖縄上空を通過するミサイルを発射すると発表しました。最悪のシナリオはそのミサイルが日本の領海内に着弾して同時に関東大地震が起こり日本が大混乱に陥る中ユダ金死の商人の飼い犬戦争の狂犬米軍が治外法権で日本の首都東京をあからさまに軍事再占領することですね。単純ですが効果的。
今は北朝鮮のミサイル技術が未熟でアメリカの思惑通りの性能を発揮できないことを祈るのみです。

 般若の面 | 2013.03.15 23:13


常に、他国を不幸に、陥れる者、いい死に方は、せず。
ントを入力してください

 hermes light coffee | 2014.02.03 2:40

hermes birkin handbag 35cm blue sapphire diamond porosus crocodile 日本を守るのに右も左もない | 明治維新と「金貸しの国」フランス

 mbt kimondo gtx | 2014.02.22 12:29

indoor soccer shoes 日本を守るのに右も左もない | 明治維新と「金貸しの国」フランス

Comment



Comment


*