2020年01月24日

警察国家に突き進む日本、それは何故か?

世界中の国々が民族収束を強める中、日本は警察国家に向かって着々と進んでいる。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "警察国家に突き進む日本、それは何故か?"

List    投稿者 nihon | 2020-01-24 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2020年01月21日

人類の起源は東南アジア。言語もスンダランドから拡散か。

人類はアフリカのチンパンジーから進化したと、しばらく定説として扱われてきたが、実は遺伝子の比較では東南アジアに生息するオランウータンも同じくらい人類に近いことが分かっている。むしろ、ほぼ完全に直立する、正常位で性交するなど、より人類に近いと思われる点が多く、人類の起源は東南アジアである可能性が高くなっている。するとたちまち、では、原人もアジア起源?、現生人類は?という疑問につながる。

人類を人類たらしめている言語についても、アフリカが起源ではなく東南アジアかもしれない。以下、言語の拡散はアジア、スンダランドからという仮説を紹介します。

私、引用者自身は、モンゴロイドの言語(主にY遺伝子C、Ⅾ系統)とコーカソイドの言語(主にE系統以下の言語)は、同じころ(5万年前頃か?)に別々に登場し、それぞれがに進化してきた可能性もある(∵文法にしても概念にしても、発想が違いすぎる)と考えていますが、ここでは、スミルノフ学派佐野千遥教授の仮説をそのまま紹介します。http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=311920

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "人類の起源は東南アジア。言語もスンダランドから拡散か。"

List    投稿者 nihon | 2020-01-21 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2020年01月16日

米バブル(国債経済)崩壊の兆し、・・・中央銀行システムの終焉と国家紙幣への転換は待ったなし

イラン、中東、ゴーンがざわめいている背後で、中央銀行システムの限界が近づいている。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "米バブル(国債経済)崩壊の兆し、・・・中央銀行システムの終焉と国家紙幣への転換は待ったなし"

List    投稿者 nihon | 2020-01-16 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2020年01月14日

イランの司令官殺害とアメリカへの報復は誰が仕掛けたのか

アメリカ防総省は1月2日夜、イランのソレイマニ司令官を殺害したと発表。それを受けてイランはイラクにあるアメリカ軍基地をミサイルで報復した。同時期にウクライナ航空機がイランのミサイルによって撃墜された。

これら一連の中東情勢を受けて株価も乱高下したが、どうも不可解な点が見られる。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "イランの司令官殺害とアメリカへの報復は誰が仕掛けたのか"

List    投稿者 nihon | 2020-01-14 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配, 09.国際政治情勢の分析No Comments » 
2020年01月09日

世界情勢:イラン、ゴーン逃走、市場・・・、民族派による、ロスチャ・ネオコンの詰め将棋。中銀廃止・国家紙幣化はいつか?

★昨年からの世界情勢
・昨年以来の香港デモ
・EUの混乱(中核のフランス暴動、スペイン政権の不在、英のEU離脱、)
・年末のゴーン逃走劇(トランプ・安部による脱ロスチャ・脱金貸し →日産の脱仏ルノー支配 →フランス野郎が逃走)
・地球温暖化の喧伝(グレタやマスコミ)
・市場の動き、中央銀行による緩和→バブルを維持。その一方で金が上昇し続けている。
・米中の貿易摩擦

・それに、日本の休日がやたら増えてきた。日本人無能化。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "世界情勢:イラン、ゴーン逃走、市場・・・、民族派による、ロスチャ・ネオコンの詰め将棋。中銀廃止・国家紙幣化はいつか?"

List    投稿者 nihon | 2020-01-09 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造, 08.近現代史と金貸しNo Comments » 
2020年01月07日

ゴーンの逃走劇から見える世界情勢

かつて、日産の軍事技術を取り込むためにロスチャイルドが送り込んだエージェントが、カルロス・ゴーンだった。それを阻止するためにアメリカのネオコン勢力が反撃をしたのが、2018年の逮捕と社長交代だ。(2019年には代わった西川社長も辞任したが)

そのゴーンの巧妙な映画顔負けの逃走劇は、単独で出来るものではない。「私は今レバノンにいる」と公表できるだけの後ろ盾を得たと考えてよい。8日にはゴーン本人の会見が開かれる。その前にゴーンをめぐる世界情勢について仮説を提示してみたい。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "ゴーンの逃走劇から見える世界情勢"

2020年01月03日

学校制度の弊害~統合無きまま、「文系」「理系」と教育体系を分割する問題性

明治時代に作られ、現代に繋がる学校制度。
その当初の目的は、欧米列強に追いつく「豊かな国家」「強い軍隊」を作る為事でした。
全国一律の学校制度と教育方針。これは一見、全国レベルで「統合」されているように見えますが、その実態は「学年」という横軸と「教科」という縦軸で教育を細分化したものでした。

 現代に於いてはさらに、高校教育の中で「文系」と「理系」とに大きく分断されます。
両者は全く違った独自の教育系統となり、大学ではさらにその中で「学部」「学科」「専攻」とどんどん細分化されてゆきます。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "学校制度の弊害~統合無きまま、「文系」「理系」と教育体系を分割する問題性"

List    投稿者 nihon | 2020-01-03 | Posted in 17.これからの教育No Comments » 
2020年01月01日

2020年、思考停止とお上の劣化が進む。それに代わる仕組みを作るしかない‼

2020年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今進行している事態を気になる順に並べていくと・・・

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "2020年、思考停止とお上の劣化が進む。それに代わる仕組みを作るしかない‼"

2019年12月31日

2019年。民族収束が進む世界と旧勢力からの脱出に軸足を置いた日本

2019年を振り返ると、グローバリズム崩壊の動きは世界中で加速。民族収束はさらなる強まりを見せた。そして日本も表層だけでなく水面下においても大きく動いた一年となった。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "2019年。民族収束が進む世界と旧勢力からの脱出に軸足を置いた日本"

2019年12月29日

階級社会が生んだセントラルドグマ DNAの突然変異説

政治、経済の話から逸れ、生物学の話になりますが、社会的固定観念がどのように形成されるかにかかわる話です。少しお付き合いください。

教科書では、獲得形質は遺伝しないと教えられている。しかし、たまたま遺伝子に起こった突然変異の積み重ねで、生物がここまで環境に適応してきたなんてありえない。獲得形質が遺伝子に書き込まれる仕組みが、見つかっていないだけで、必ずあるはずだと考える方が普通ではないだろうか。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "階級社会が生んだセントラルドグマ DNAの突然変異説"

List    投稿者 nihon | 2019-12-29 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments »